日本

家の管理、商品の注文、送金や支払い、重要な情報の提供、問題解決など、私たちの生活の身近にボットはあります。対話型AIのマーケットは、変化の加速化と複雑化が進んでいるかのように見えますが、実際は違います。

現在の主流となりつつあるものは、拡張現実や仮想現実、コンピュータービジョン、自律的な機械(Autonomous Things)、エッジデバイスなどの革新的な技術に支えられた、次世代の体験志向AIシステムに現わされます。ユーザーインターフェースには、アナリティクス、インサイト、インテリジェンスが組み込まれており、より個別化され、文脈に沿った価値あるインタラクションを創造することが可能です。AIの力を最大限に活用するための最新データ基盤を構築すると同時に、対話型AIを拡張し運用することも必要です。

このeブックでは、銀行、資本市場、通信、消費財、エネルギー&ユーティリティ、医療、テクノロジー、旅行&ホスピタリティーなど、数多くの業界におけるコグニザントの実績をご紹介します。さまざまなチャネル、インターフェイス、および要件に適用可能な実例集となっています。

詳細については、eブック"Achieve Unmatched User Experiences with Conversational AI”または、当社ウェブサイトのConversational AI をご覧ください。