最新のビジネス

将来を見据えた最新ビジネスコグニザントが毎月配信するニュースレターは、直感に基づいたビジネス運営を支援する様々なインサイトを提供します。

将来を見据えたビジネス戦略

今日の企業が唯一信頼できることがあるとすれば、それは不確実性です。サプライチェーンや気候の不安定性から世界的な健康危機・人材不足まで、今何を重視するかにより、将来の方針が決まります。

将来を見据えた取り組みを行う企業にとって、これはテクノロジー、人材、ESGといった基本的な要素を再考し、新たな期待に応え、競争優位性を確立する機会となります。

Ready for Anything: What It Means to Be a Modern Businessは、コグニザントがサポートし、Economist Impactが実施した調査レポートです。私たちの見解を交えながら、ビジネスリーダーは将来の課題に対してどのような取り組みを進めているかを検証しています。

Ready for Anything | What it Means to be a Modern Business
複数の優先事項が、課題の大きさと規模を浮き彫りにします。

今こそ、長期的な成功のための基盤を築く時です。リーダーは、未来に対応するために、資産をどこに集中させて、変化や変革を実現するべきかを判断する必要があります。

未来に備えるためのビジネス・ベンチマーク

自社の立ち位置を知る

『The Future-Ready Business Benchmark』は、コグニザントがサポートし、Economist Impactが開発した調査レポートです。経営指標・テクノロジーとイノベーション・人材・ESGの4つの分野に焦点を当てて、2000名の経営幹部を対象に調査を実施しました。10分間の調査を通して、自社の立ち位置を知り、実用可能なインサイトを得ることができます。是非ご活用ください。

選択と集中による成功サイクルの創造

テクノロジー、人材、ESG各分野の自立性と相互連携を確立するためには、ビジネスの中核となる要素を再構築する必要があります。

最新のオペレーション

将来を見据えたビジネスの機会をつかむ

オペレーションに期待される役割は、日常業務の管理から、イノベーションと競争優位の戦略的な源泉へとシフトしています。容易さ、簡潔さ、精巧さを追求したプロセスだけが、新しさを取り入れるための唯一の方法だということを、多くの企業が気づきつつあります。

Futuristic-looking pattern

テクノロジー

最新のテクノロジーを採用することは容易ですが、そこから価値を創造することは難しい問題です。

今日の変革の原動力であるIoT、クラウド、AIは、必要最低限のテクノロジーへとなりました。今後、ブロックチェーン、量子コンピューティング、ロボティクスなどの最新テクノロジーが新たな可能性を生み出すことも予想されます。しかし、新しいテクノロジーへの投資に対するリターンを追求する一方で、企業はどのようにして価値を創造できるのでしょうか?

light photopraphy of a woman with her arms out and swirls of light

人材

ワークフォース戦略を大幅に見直す

人材管理の課題として、労働人口の減少を挙げる人も多いですが、実際には、企業による将来の仕事への準備不足が問題となっています。人への十分な投資をせずに、テクノロジーを重要視すると、将来への準備に対する障壁が生じます。

Man standing in front of an outlined doorway with red and blue neon lights

環境、社会、ガバナンス

ESGへのコミットメントとアクションの間のギャップを埋める

意思決定者の90%が、一貫性のあるESG戦略なくして今日的な企業にはなりえないことに同意しています。しかし、実際の計画と行動の間には大きなギャップがあります。顧客、従業員、投資家、規制当局がESGの進捗状況をより精査し、企業の責任を問う声が大きくなるにつれて、そのギャップを埋めることは不可欠です。

A close look at a splash of water

常に時代の最先端を行くための鍵: Intuition.

競合他社に先んじて変化を予測し行動する。データに基づいた意思決定を最適なタイミングで着実に行う。顧客との関係を常に大切にする。

これがintuitionがもたらす力です。

ケーススタディ

ヘルスケア

AIは、よりスマートな意思決定とより迅速な問題解決を促進します。
wavy blue and pink lines

ライフサイエンス

デジタル技術により処理時間を90%短縮、マニュアル作業を50%削減
a glowing circuit board

*免責事項

本ページに記述された見解や意見はコグニザントのものであり、必ずしもEconomist Impactの見解や方針を反映するものではありません。掲示されたデータは、コグニザントがサポートし、Economist Impactが2022年に実施したエグゼクティブ調査から得たものです。