carrot carrot carrot Change Centers x cognizanti collaborators create-folder Data Science Decisive Infrastructure download download edit Email exit Facebook files folders future-of-work global sourcing industry info infographic linkedin location Mass Empowerment Mobile First our-latest-thinking pdf question-mark icon_rss save-article search-article search-folders settings icon_share smart-search Smart Sourcing icon_star Twitter Value Webs Virtual Capital workplace Artboard 1

Please visit the COVID-19 response page for resources and advice on managing through the crisis today and beyond.

日本

ライフサイエンス

大手ライフサイエンス企業での先駆的ロボティック・プロセス・オートメーション


課題

ライフサイエンス企業には、規制上の果たすべき責任が数多くあります。文書化の義務や、製品の安全性と有効性に対するフィードバックを消費者から継続的に得ることなどです。

このライフサイエンス企業では、年々個別症例安全報告(ICSR)の数が倍増し、その責任が急激に重くのしかかるようになってきました。


コグニザントのアプローチ

当該プロジェクトの当面の目標は、消費者より提出され、製薬規制当局がモニタリングするICSRの処理において、繰り返し発生する手作業を、そのような作業が一切不要とするロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ソリューションに置き換え、自動化することにありました。

このRPAソリューションの開発過程において、コグニザントは、この最初のステップの取組みが同社の他の業務領域にも自動化を導入・推進していくための、横展開可能なものとしうることに気付きました。開発されたRPAソリューションはわずか7か月で稼働が開始され、より複雑な処理が必要な業務にも対応しうるよう、AIやマシンラーニングなどのコグニティブな要素を加えた、新たな自動化の取組みも進行しています。

RPAによる効率、一貫性、品質の向上

導入されたRPAソリューションは、一貫性が高くエラーの発生可能性の低い業務環境を実現し、より迅速な処理を可能とするなど、多大な効果をもたらしました。さらに、モジュール式の設計によって、今後文書の種類や送信モードが変わったとしても、そのニーズに合わせて容易にカスタマイズ及び拡張が可能となっています。

全文を見る »

30%

エンドツーエンドのサイクルタイム削減率

99%

実現された初回処理の正確性

96%

達成した規制コンプライアンス遵守率

92%

所定の処理時間内で達成したコンプライアンス遵守率


共有する