carrot carrot carrot Change Centers x cognizanti collaborators create-folder Data Science Decisive Infrastructure download download edit Email exit Facebook files folders future-of-work global sourcing industry info infographic linkedin location Mass Empowerment Mobile First our-latest-thinking pdf question-mark icon_rss save-article search-article search-folders settings icon_share smart-search Smart Sourcing icon_star Twitter Value Webs Virtual Capital workplace Artboard 1

Please visit the COVID-19 response page for resources and advice on managing through the crisis today and beyond.

日本

製造

安全性を高める原動力となる欠陥の早期検出


課題

今日、自動車を構成するのはエンジンや車体、ハンドル、座席、タイヤだけにとどまりません。車両には、相互に連携するハードウェアやソフトウェアが複雑に組み込まれています。車載プロセッサには、スペースシャトルよりも多くのプログラムコードが使用されています。新たなテクノロジーの登場によって、テストの重要性はかつてないほど高まっているのです。

クライアントであるグローバル大手自動車メーカーでは、業界や消費者の需要に応えるため、より多くの電子制御機能を組み込むことが急務となっていました。新たな機能の導入のスピードアップを図るため、多くのコストや時間を要する手動による電子部品の性能検査から脱却することが求められていました。


コグニザントのアプローチ

同社はコグニザントと提携して試験工程を見直し、当社独自のHardware-in-Loop Automation Test Suite(HATS)フレームワークを導入。HATSは、車両試験の完全自動化を可能にするツールとサービスが組み込まれたフレームワークです。

本フレームワークは、試作段階での問題解決に向けて、リアルタイムの測定、報告書自動作成、欠陥追跡を支援します。また、HATSには混合モード検証機能が搭載されており、欠品のシミュレーションを行うことで、部品到着の遅れから生じる生産の遅延(遅延理由によっては数週間に及ぶこともある)に対処することができます。

試験自動化による品質向上

より多くの欠陥を即座に検出することにより、メーカーは生産に入るかなり前の段階でこれらの問題を解消することができます。また、早期に欠陥を検出できれば、より簡単かつ迅速に解決を図ることにもなります。これによってコストが軽減され、延いてはより安全で高品質な製品を生み出すことにつながるのです。リコールの可能性も低くなり、これまで以上に欠陥の少ない車両の生産が可能となります。

200%

検証カバレッジ の生産性が向上

4か月

投資回収期間

5倍

4ヵ月以上早期に検出された欠陥数

50万ドル

年間経費の削減


共有