carrot carrot carrot Change Centers x cognizanti collaborators create-folder Data Science Decisive Infrastructure download download edit Email exit Facebook files folders future-of-work global sourcing industry info infographic linkedin location Mass Empowerment Mobile First our-latest-thinking pdf question-mark icon_rss save-article search-article search-folders settings icon_share smart-search Smart Sourcing icon_star Twitter Value Webs Virtual Capital workplace Artboard 1

Please visit the COVID-19 response page for resources and advice on managing through the crisis today and beyond.

日本

銀行 & 金融サービス

DevOps コンテンツ配信ソリューションによるエラー削減と市場投入の高速化


課題

クライアントである世界最大手の米金融サービス企業は、数年にわたるデジタルトランスフォーメーションとコスト削減への取り組みの一環として、複数のクレジットカードWebサイトに新規の構成をデプロイするプロセスを自動化したいと考えていました。その大きな課題となったのが、Webサイトの変更管理とそのサポートです。同社はWebサイトのパフォーマンスと可用性の向上を目指して、提携先のコンテンツ配信ネットワークプロバイダであるAkamai向けのソリューションを開発するようコグニザントに依頼。その最終目標は、市場投入までの時間を短縮し、エラーの低減、コストの削減を図ることにありました。


コグニザントのアプローチ

コグニザントのFinTechチームは、システムの課題を特定し、Configuration as Code原則に基づきAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を活用し、CICD(継続的インテグレーション/ 継続的デベロップメント)手法を通して開発/デプロイメントを自動化するソリューションを提案。Akamai API に加えて、同社の CICD ツールと統合するオーケストレーション層を開発し、3つの環境すべてで動作するテンプレートを作成しました。

以前はAkamaiポータルを通して品質保証(QA)や本番の構成を年次で管理していましたが、オーケストレーション層の導入によって、テストと変更は開発環境においてのみ行い、そこからQA、本番環境へと構成を移行できるようになりました。これにより、変更適用時にQAと本番でテストを繰り返す必要がなくなり、重複作業、欠陥、手作業によるエラーも軽減されました。

全環境で機能する構成テンプレート

新たなDevOpsコンテンツ配信ソリューションを導入したことで、同社のアプリケーションチームは、デプロイメントが円滑に進むことを知り、確信を持って構成の変更、テスト、デプロイを迅速に行うことができるようになりました。また、これは顧客満足度を大きく向上させることにもつながりました。

75%

市場投入までの時間を短縮

60%

手作業を削減

50万ドル

コスト削減


共有