carrot carrot carrot Change Centers x cognizanti collaborators create-folder Data Science Decisive Infrastructure download download edit Email exit Facebook files folders future-of-work global sourcing industry info infographic linkedin location Mass Empowerment Mobile First our-latest-thinking pdf question-mark icon_rss save-article search-article search-folders settings icon_share smart-search Smart Sourcing icon_star Twitter Value Webs Virtual Capital workplace Artboard 1

Please visit the COVID-19 response page for resources and advice on managing through the crisis today and beyond.

日本

運輸&ロジスティクス

コネクテッドビークル・プラットフォームによる車両稼働率の向上


課題

クライアントである大手商用車メーカーは、コネクテッドビークル・プラットフォームを通してバリューチェーンにおける継続的なデータインサイトを活用し、車両稼働率の向上、修理の迅速化、カスタマーサービスの強化を図りたいと考えていました。また、必要な場合に部品を入手できない、故障の根本原因の究明が遅れる、費用がかさむなど、業界が抱える問題にも直面していました。さらに同社は、車両の信頼性向上と運用コスト削減を通して売上やマーケットシェアを伸ばす上で、パートナー企業による支援も必要としていました。業界リーダーとの評価を獲得し、後手に回った部品供給から需要に即した部品供給へと移行するべく、同社はコグニザントにデータドリブン型のIoTソリューション開発を委託しました。


コグニザントのアプローチ

コグニザントは、拡張性に富んだ革新的なオープンアーキテクチャベースのクラウドプラットフォームの設計・開発に着手。本プラットフォームをテレマティクス端末と統合することで、新機能の市場投入時間を短縮しました。同社向け IoTプラットフォームの開発では、「車両データの活用と共有」という同社ビジョンに沿って、規模とスピードを重視して設計された高パフォーマンスかつ低レイテンシーのソリューションを提供。

本ソリューションが提供する一元管理されたコマンドセンターを通じて、イベントデータ(故障コードや修理依頼など対応を必要とするイベント)を活用できるようにすることで、より多くの連携システムやコミュニケーションを介して顧客体験の改善を可能にします。ユーザーフレンドりなポータルは、テレマティクス・プラットフォームから提供されるデータに基づき、全車両の監視、トリアージ、イベントのトリガーを実行。リモート診断機能はディーラーによる車両修理計画の策定を支援し、高度なフィルタリング/ソート機能は関係者による車両/ディーラーの特定・検索を可能にします。

コネクテッドデータの活用で車両価値を最大化

同社の車両に設置されたセンサーをクラウドベースのテレマティクス/アナリティクス・プラットフォームに連携。これにより、車両稼働率を改善し、カスタマーロイヤルティを高め、新たな収益源を生み出すことで、市場における差別化を可能にしました。同社のE2Eコネクテッドビークル・プラットフォームは、バリューチェーンに存在する異種システムを一元管理することにより、重要な車両健全性データや運用データの可視性を高めます。

全車両、ディーラー、メーカーの3者間における高速通信により、迅速な承認・更新を実現します。本ソリューションを通して、アセットを効率的に管理・活用しながら、車両稼働率を高め、総所有コストの軽減を可能にします。

全文を読む »

費用の軽減

顧客の修理・保守費用

効率化

24時間以内に修理を完了する車両数が増加

成果

運転者の挙動監視を通して安全性と燃費が向上


共有